>    >  

無料オンラインセミナー開催中!

多くのエステサロンでROI(投資利益率)初年度300%超達成! サロン収益に直結する痩身マシン選びのポイント  ユニッシュ、無料オンラインセミナー開催中!

国民生活センターによる「HIFU機器」取扱いに関する注意喚起にも言及  痩身メニュー構築、サロンオープンのサポートも充実!

株式会社ユニッシュ

2021.09.28 10:30

株式会社ユニッシュ(大阪市、代表取締役:中西 博文)は、エステ事業者向けの無料オンラインセミナー『ROI(投資利益率)を最大化させる痩身マシンによる超ボディスリミング』を、好評開催中です。エステ業界の動向、安全な痩身マシン選びのポイントなどを丁寧に解説します。


<無料オンラインセミナー>

■ROI 300%超とは

個人エステで人気がある「HIFU(ハイフ)」ですが、近年、HIFU機器による健康被害及びトラブルが多発していることを受け「独立行政法人 国民生活センター」が、2017年3月に健康被害にかかる注意喚起(報道発表)を行い、『医師資格のないエステティシャンが施術を行うことは禁止』との考え方を示したことは広く知られているところです。
HIFU機器による被害者の中には、リフトアップができると思い施術を受けたところ、頬の三叉神経を損傷し、しびれが残った、また、顔の半分に火傷を負い腫れ上がった上、水ぶくれができ、傷が残ったなどがあり、深刻なトラブルが後を絶ちません。
一般社団法人日本エステティック協会をはじめとするエステティック業界各団体においても、エステサロン(施術医者)側に医師法違反のリスクがあることから、HIFU機器による施術の禁止を周知しています。また、日本最大のビューティー見本市として知られる『ビューティーワールドジャパン』においても、2021年よりHIFU機器の販売は、医師免許や看護師免許を保有する医療関係者に限定するとして、実質出展禁止となっています。

■HIFU代替機器の提案

HIFU機器の販売禁止による代替機器のご提案として、エステティック市場においては、強力なエネルギーを使わず、安心・安全に美容効果の高い施術ができる業務用美容機器が常に求められていることから、当社では、エステティック業界各団体が安全性を認めつつある機能、(1)ラジオ波(RF)、(2)キャビテーション(CAV)、(3)バキューム(VAC) をそれぞれWプローブに搭載し、なおかつ、ROI(投資利益率)が、多くのサロンで初年度300%超を達成している業務用痩身マシン『セルブレイカーEX(イーエックス)』を、本セミナーを通じてご案内しています。

■『セルブレイカーEX(イーエックス)』の特徴

[1]ハンドピースA (CAV+RF)
CAV(キャビテーション)機能とRF(ラジオ波)機能を、それぞれ単独又は同時出力できるハンドピースAを標準装備しています。キャビテーション機能では特殊超音波によるポイントスリム、RF機能ではラジオ波による温熱作用それぞれの美容効果を体感いただけます。
気になる部位の脂肪分解と排泄を効率的に行うことができるため、セルライトや硬化脂肪の改善にも効果的です。
キャビテーション周波数:40kHz  RF(ラジオ波)出力:1000kHz(1MHz)

[2]ハンドピースB(VAC+RF)
VAC(バキューム/吸引)及びRF(ラジオ波)を、それぞれ単独又は同時出力できるハンドピースを標準装備しています。バキューム機能により皮下脂肪(セルライト)を吸引しながら揉み解し、RF機能により血流を正常化することで、冷えやむくみの改善、デトックス効果が期待できます。ボディラインを整え、肩こりや慢性疲労などの改善にも効果的です。
VAC(バキューム)空気圧:150kpa  RF(ラジオ波)出力:1000kHz(1MHz)

[3]2種類のハンドピースによる同時施術
CAV+RF(ハンドピースA)とVAC+RF(ハンドピースB)を、同時に利用していただくことが可能です。
ハンドピースAにより皮膚深部の脂肪細胞に直接はたらきかけ、RFによる温熱作用が相乗効果をもたらします。ハンドピースBでは、セルライトを適度に揉み解しながら、RFにより代謝を上げることで理想的なボディメイキングへと導きます。また、これら二つのハンドピースを同時使用することにより、キャビテーションとRFで脂肪分解を促し、吸引とRFにより排泄を促すことで痩身効果を一層高め、並行して循環改善を促進することで冷えやむくみ、肩こりなどの改善も期待できます。

■『セルブレイカーEX』の機能について

[1]キャビテーション機能
キャビテーション(Cavitations)とは、超音波が発生する際の圧力によって液体の中に気泡(キャビティー)が発生する現象のことをいいます。
この現象を応用して、25~70kHz付近の低周波域の超音波を体内に発振することで、脂肪細胞内に数万以上の微細な気泡(キャビティ)を発生させ、この気泡が弾ける際に発生されるエネルギーを利用して、脂肪細胞を乳化させる施術方法がエステティックにおける痩身技術です。
本機のキャビテーション機能には、低周波域の超音波の中でも、特に安全性が高く、効果が得られるといわれている40kHz前後の周波数帯を採用しています。

[2]RF(ラジオ波)機能
ラジオ波とは、高周波域の電気パルスで、「Radio Frequency」を略して「RF」とも呼ばれています。RFの周波数域でも、特に1000kHz(1MHz)付近の電磁波はジュール熱(摩擦熱)を発生させ、この熱エネルギーにより、皮膚深部を温め代謝を上げたり、脂肪燃焼、引き締めなどの痩身効果が期待できます。また、この熱エネルギーを一定時間蓄熱させることで脂肪細胞のアポトーシス(細胞死)が誘導されるということがわかっています。
本機のRF機能は、周波数を1000kHz(1MHz)とし、配置された6つの素子間を、様々な方向にRFが流れる、痩身トリートメントに最も適した「マルチポーラ式」を採用しています。

[3]バキューム(吸引)機能
『セルブレイカーEX』の痩身に関する有用性を確認することを目的に、20歳代~50歳代までの一般女性20名を対象に、5週間(1週/2回施術)に及ぶ有用性試験を実施しています。
測定項目は、CT画像撮影、体組成分析、全身画像撮影、採寸(バストトップ・へそ周り・へそ上4cm・へそ下4cm・太腿部)。
本試験の結果から、施術部位(腹部及び大腿部)には、顕著な脂肪の減少を確認しました。
本セミナーでは、本試験結果の一部を、数例詳しく解説させて頂きます。

■有用性試験の結果

『セルブレイカーEX』の痩身に関する有用性を確認することを目的に、20歳代~50歳代までの一般女性20名を対象に、5週間(1週/2回施術)に及ぶ有用性試験を実施しています。
測定項目は、CT画像撮影、体組成分析、全身画像撮影、採寸(バストトップ・へそ周り・へそ上4cm・へそ下4cm・太腿部)。
本試験の結果から、施術部位(腹部及び大腿部)には、顕著な脂肪の減少を確認しました。
本セミナーでは、本試験結果の一部を、数例詳しく解説させて頂きます。


セルブレイカーEXによる痩身に関する有用性試験結果より抜粋

■無料オンラインセミナーの概要

(1)セミナー名
『ROI(投資利益率)を最大化させる痩身マシンによる超ボディスリミング』

(2)主催
株式会社ユニッシュ

(3)受講費
無料

(4)受講対象者
エステサロン、美容室、整骨治療院等の経営者、または運営責任者(店長など)

(5)開催日程
毎月5日前後の日程となります。(全日二部制/第1部:10:00~、第2部:15:00~)
詳しくは、セミナー案内サイト https://unisemi2022.jp/ にて公開しています。

(6)オンラインセミナーの受講方法
セミナー案内サイトの申込フォームよりエントリーください。Zoomを使用したオンライン形式になります。事前に本セミナーの開催URLをご案内しますので、Zoomアプリのご準備をお願いします。
<お申込みはこちら> https://unisemi2022.jp/

(7)セミナーの特徴
・エステティックサロンにおける業務用機器の各種機能を深掘り解説
・HIFU機器による健康被害に関する注意喚起をご案内
・ROIを最大化させる為の収益性の高い安全な痩身マシン選びのポイントを解かりやすく解説
・HIFU代替機器『セルブレイカーEX』のご提案
その他、痩身に関する導入メニューの提案なども行っており、サロン運営の上で、必ず役立つ知識と情報をご提供いたします。

■ユニッシュが主催するその他の無料オンラインセミナー

(1)天然由来成分100%エッセンスと経皮導入技術による「超アイラッシュメソッド」


超アイラッシュメソッド 無料オンラインセミナー

(2)エレクトロポレーション・ビューティ・メソッドを使用した「超フェイススリム&超ブライトニング」


超フェイススリム&超ブライトニング 無料オンラインセミナー

(3)コンディショニング機器による運動器疾患へのアプローチ


ノンニードル・ペインリリーフ・メソッド 無料オンラインセミナー

■今後の展望
当社では、終息の見えないコロナ禍に対応するべく、サロン業績に貢献するオンラインセミナーを構築し、全国のエステティックサロン等を中心にご案内を進めてまいります。
今後も当社では、先端技術に基づく最新のヘルスケア・エステティック製品の研究・開発を通じ、常に新しい技術とシステム及び情報の提供を続けてまいります。

■製品に関するお問い合わせ先

株式会社ユニッシュ

フリーダイヤル:0120-785188

■プレスリリース動画

プレスリリース一覧に戻る